ちゃんと採用されるには | お金に困っている女性には、風俗求人をおすすめします
menu

ちゃんと採用されるには

白い服を着ている女性

ここでは面接についての話もしておきましょう。
風俗嬢になるには面接で落とされないようにしなければいけないわけですが、一体なにに対して気をつければいいのか?

まずは時間をきちんと守って面接会場へ行くこと。
風俗関係なく、どんな職場の面接でもこれは絶対守らなければいけません。
基本的には1分でも遅刻したらアウトになる場合が多いので、現地には10分以上前に着くようにしておきましょう。
時間にルーズな人はかなり大きなマイナスポイントにつながってしまいます。

そして面接中にはきちんとした日本語を使い、正しい敬語を喋れるようにしてください。
風俗の仕事は接客なので、喋り方が雑な人はまず採用されません。

また身だしなみも絶対に意識しておいてください。
基本的には清潔感を感じさせることができる格好が望ましいです。
なお私服かスーツかといった疑問もあると思いますが、基本は私服でもまったく問題ないです。

あと、タトゥーが入っている人は要注意だといえるでしょう。
タトゥーが入っているだけでも落とされることは風俗の場合よくあることです。
その理由は、タトゥーによってお客さんに嫌な気分を与えてしまう可能性があるから。
そこまで目立つようなタトゥーでない場合はスルーされたりしますが、あきらかにバレるレベルでタトゥーが彫られている場合は入店できないと思っておきましょう。
もちろんタトゥーと同様に、リストカット跡も不採用になってしまう原因のひとつになります。
これもけしてお客さんにはいい印象を与えませんので、リストカット跡がくっきりある人はちゃんと消してから面接に挑むようにしてください。